01 連携強化

二階前幹事長と自民党本部前の物産店にて

二階幹事長は「困ったことがあればなんでも相談しなさい」とこのときおっしゃってくださり、とても心強い思いをいたしました。野党では党代表に意見を伝えられたとしてもそれが即政策に反映されることは滅多にありません。しかし、自民党では地方の議員であっても政策に反映するルートがあります。責任政党にいる理由の一つです。

松野官房長官と自民党女性局の研修にて

流山市は国や県の補助金をもらって事業が成り立っている、地方交付税交付団体です。

流山市は行政改革も進んでいますから、事業は比較的早く進みます。しかし、これが

県が絡んでくると、事業の進み方は大変遅くなります。県の財政が逼迫していることもありますが、東葛地域に県の職員の目が向いていないことも指摘されています。

道路はきれいにしたが、県マターの停止線はきれいにならない道路などの不具合を

少しでも解決できるように流山市と千葉県を結んでいくとともに、自由民主党の国会議員との連携で、国の政策をいち早くキャッチして県や市の事業に反映させてまいります。

松野博一内閣官房長官は千葉県第3選挙区選出の衆議院議員です。私が千葉県の政治塾に通っていたときから講師でいらしてくださっており、公募で衆議院議員になった優秀な政治家です。

千葉県には私の流山市から選出されている、齋藤健衆議院議員などこれからの日本を担う素晴らしい政治家がいます。国の政策を作る際に地方議員である私たちの声を聴いてくださるので、私も生活に根ざした声を届けています。